理想を形に!工務店とのやり取りのコツって?

コミュニケーションのコツはココにあった!

意外と大事!事前調査と豆知識

事前調査をしておこう!

打合せの前に工務店との交渉に役立つ情報をネットでいいので調べておくとグッドです。ネット上には各種価格比較サイトがたくさんあるので、調べるのはそんなに難しくないと思います。何も情報が無い状態と比べて工務店側が簡単な説明の部分を省き、より深い部分に論点を持っていくことができます。また自分も情報を持っていることで安心感を得られると思います。何も情報が無いままだと工務店側の言いなり・言い値になってしまうこともあるので気を付けましょう。
事前調査をして知識を持っていると工務店側の説明を聞いたあと「何が分からないのか」がわかりやすく、疑問点をその場ですぐに訊くことができます。結果確認不足によるミスを防ぐことができます。

相手によって話す内容を変えよう!

また、打合せの時、話す相手が誰かによって話の内容を変えることも大切です。
例えば、相手が営業を担当する人の場合には契約の話や金銭が関わる話をするのが適切です。融資の相談、工事費用に関すること、費用を安く抑えるにはどうしたらいいかといったことを訊いたりするのがこの人になります。現在の工務店が何らかの理由で工事が続行不可になった時に別の会社に引き継いでくれることを保証する「完成保証」の話もしておきましょう。
相手が設計者の場合には技術的な部分や間取りの希望などを話すのが適切です。建てる住宅の要望は全て設計者に話し、その上でプロの技術に任せて使いやすい家をプランニングしてもらいましょう。ここで大切なのが、費用と工期の希望を伝えることです。費用や工期は面積や工法に影響するので、早い段階で希望を伝え、相手と折り合いをつけていきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る